スマホ首にさよなら!その原因と予防法をご紹介

query_builder 2024/04/18 札幌 整骨院 円山公園 姿勢
スマホを頻繁に使用する現代人にとって身近な問題、「スマホ首」。この記事では、スマホ首の原因、その影響、それに対する簡単な対策方法などを網羅的にご紹介しています。自分自身の姿勢をチェックして、痛みのない快適な日常を手に入れましょう。
接骨/SEKKOTSU 円山
ロゴ
柔道整復師による専門的なアプローチを行う整骨院を札幌で営業しております。問診、検査をしっかりと行いお悩みを明確化し、継続的な施術で身体をケアいたします。身体について遠慮なくご相談ください。
接骨/SEKKOTSU 円山
住所:

〒064-0820

北海道札幌市中央区大通西24-2-3

プレミエール円山104

電話番号:
011-215-9444

スマホ首とは?

最初に、スマホ首とは何か、その具体的な症状や原因について詳しく解説します。

スマホ首の症状

スマホ首の症状には頭痛、肩こり、首の痛みなどがあります。スマホを長時間見続けることで、首や肩の筋肉が緊張したり、血行不良が起こったりするため、これらの症状が現れるのです。

まず、頭痛はスマホ首の典型的な症状の1つです。スマホを見ている間、首が前に傾いたままになり、首や肩の筋肉が負担を受けることで緊張します。この緊張が頭部にも伝わり、頭痛を引き起こすことがあります。

次に、肩こりもよく見られるスマホ首の症状です。スマホを見るために首を前に傾けると、肩の筋肉に負担がかかります。長時間この姿勢を続けると、肩の筋肉が固まり、こりや痛みを感じることがあります。

さらに、首の痛みもスマホ首の主な症状です。スマホを見るときに首を傾けることが多いため、首の筋肉が緊張し、炎症や痛みが生じることがあります。首の痛みは日常生活に支障をきたすこともあり、早期の対策が重要です。

これらの症状はスマホ首が原因となって起こるものであり、スマホを使う頻度や姿勢によってもその症状は悪化することがあります。痛みや不快感を感じたら、早めに対策を行い、スマホ首から解放されましょう。

スマホ首の原因

スマホ首の原因は、主にスマホの見方や持ち方にあります。以下に具体的な原因をご紹介します。

まず、スマホを見るときの姿勢がスマホ首を引き起こす原因となります。多くの人がスマホを見るときに、前かがみの姿勢や首を傾けた姿勢をとりがちです。長時間この姿勢を続けると、首や肩の筋肉に負荷がかかり、緊張や不快感を引き起こすことがあります。

また、スマホを持つときの姿勢も重要な要素です。指でスマホを支える場合、腕や肩に余計な負担がかかります。さらに、スマホを片手で持ちながら閲覧すると、手と首の位置関係が不安定になり、首に負担をかける結果となります。

さらに、スマホを使う時間や頻度もスマホ首の原因です。一日中スマホを使い続けることで、首や肩の筋肉が緊張したままになります。長時間同じ姿勢を続けることが症状の悪化につながりますので、頻繁な休憩や体の動かし方を工夫することが重要です。

さらに、スマホの画面の小ささや文字の小ささもスマホ首の原因になります。文字を見るために近づきすぎると、首を前に傾けざるを得なくなります。文字が見やすいようにスマホの設定を調整したり、画面を広げるための拡大機能を利用することで、首への負荷を軽減することができます。

これらの原因を理解し、スマホの使い方を見直すことがスマホ首の予防に繋がります。正しい姿勢や持ち方を意識し、適度な休憩や体の動かし方を取り入れることで、スマホ首を防ぐことができます。

スマホ首の影響

スマホ首が続くと多大な影響を受けます。その影響について説明します。

肩や首の不調

スマホ首が続くと、肩や首に様々な不調が現れることがあります。以下に具体的な不調とその影響をご紹介します。

まず、スマホ首によって生じる最たる不調と言えるのが肩の痛みです。スマホを見る際に前かがみの姿勢をとることが多いため、肩の筋肉が緊張し、痛みやこりを感じることがあります。長時間同じ姿勢を続けることで筋肉の緊張が慢性化し、肩の動きに制限が生じることもあります。

さらに、首の痛みもスマホ首の典型的な不調です。首を前に傾けることで首の筋肉が過度に伸ばされたり、緊張が生じたりします。この緊張やストレスが首の痛みを引き起こすことがあります。首の痛みは日常生活に大きな影響を及ぼし、快適な動きや姿勢の維持が難しくなることもあります。

さらに、肩や首の不調は頭痛の原因となることもあります。スマホ首によって首の筋肉が緊張し、血行不良が起こることや神経の圧迫が生じることで、頭痛が引き起こされることがあります。頭痛は集中力やパフォーマンスの低下を招くだけでなく、生活の質にも大きく影響することがあります。

これらの肩や首の不調はスマホ首によって起こるものであり、放置しておくと症状が悪化し、日常生活に悪影響を及ぼす可能性があります。早期の対策や適切なケアを行うことで、肩や首の不調を軽減し、快適な日常生活を過ごせるようにしましょう。

心身のストレス

スマホ首は肩や首の不調だけでなく、心身にも大きなストレスを与えることがあります。以下にその影響について説明します。

まず、痛みを伴うスマホ首は心身にストレスをもたらします。痛みは身体的な不快感を伴い、常に不快な感覚を抱えている状態です。この痛みによって睡眠の質が低下し、疲労感が蓄積されることもあります。さらに、痛みによるイライラや不安感も心身にストレスを与え、心の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。

また、スマホ首によって日常生活の制約が生じることも心身にストレスをもたらします。例えば、スマホ首による痛みや不快感があるために、普段の活動や趣味に制約が生じたり、集中力やパフォーマンスが低下したりすることがあります。これらの制約や障害感は、心のストレスや不満感を引き起こし、心理的な負担となることがあります。

さらに、スマホ首によって社会的なストレスも生じることがあります。スマホを使う時間が増えることで、家族や友人とのコミュニケーションが減少したり、仕事や勉強の集中力が低下したりすることがあります。これによって孤立感や不安感が増大し、心のバランスを崩してしまうことがあります。

これらの心身のストレスは、スマホ首によって引き起こされるものであり、日常生活に様々な影響を及ぼすことがあります。スマホ首の予防や対策を行うことで、心身のストレスを軽減し、より健康で快適な生活を送ることができるでしょう。

スマホ首対策: 姿勢のチェック

次に、予防法の一つである姿勢のチェックについて詳しく説明します。

正しい姿勢とは

正しい姿勢は、スマホ首予防の上で非常に重要なポイントです。以下に正しい姿勢について詳しく説明します。

まず、正しい姿勢とは身体のラインが自然な状態でバランスが取れた状態のことを指します。具体的には、頭がまっすぐに位置し、首や背骨がまっすぐに伸びている状態です。肩はリラックスし、胸を開き、背中はまっすぐに保つことが求められます。

正しい姿勢には、首や背中の曲がり具合が大切なポイントです。首は自然なカーブを保ち、肩との接続部から一直線に背中に向かって延びている状態が理想です。また、背骨は自然なS字カーブを描いており、上半身や下半身のバランスを保つ役割を果たしています。

正しい姿勢を保つことによって、身体の負担を分散し、筋肉や骨格を適切にサポートすることができます。これによって肩や首への負担が軽減され、スマホ首の予防につながります。また、正しい姿勢は血流や呼吸の流れをスムーズにするため、全身の健康にも良い影響を与えます。

正しい姿勢を保つためには、日常生活での意識と習慣が重要です。デスクワークやスマホ利用などの際に、姿勢を意識することが大切です。長時間同じ姿勢を続ける場合には、姿勢の変化や休憩を取るようにしましょう。また、正しい姿勢を保つためには、体力や筋力を向上させるための運動やストレッチも有効です。

正しい姿勢を意識し、日常生活に取り入れることで、スマホ首予防につながります。正しい姿勢はただ美しい姿勢を作るだけでなく、健康と快適な生活をサポートする重要な要素です。ぜひ、正しい姿勢を身につけて、スマホ首から解放されましょう。

スマホを見る姿勢

スマホを見るときの姿勢もスマホ首予防において重要なポイントです。以下に正しい見方の方法について詳しく説明します。

まず、スマホを見るときは首を前に傾けるのではなく、目線を下げることが大切です。スマホを手の位置に持っていき、目線を下に向けることで、首への負担を軽減することができます。スマホを上に持ち上げるよりも、目線を下に向ける方が自然な姿勢を保つことができます。

また、スマホを見るときは背筋を伸ばし、胸を開いた状態を保つことも重要です。背中をまっすぐに保つことで、背骨が正しい位置に保たれ、全体のバランスが取れます。胸を開くことで、呼吸がしやすくなり、血流もスムーズになります。

さらに、スマホを見る際には頭を支えるためのクッションや台を使用することも有効です。クッションや台を使うことで、首や肩への負担を軽減することができます。スマホを手で持つだけでなく、しっかりとサポートすることで、姿勢の安定性を高めることができます。

また、スマホを見る時間を制限し、頻繁に休憩を取ることも大切です。長時間同じ姿勢を続けることは、首や肩の筋肉に負担をかけます。定期的に休憩を挟むことで、筋肉の疲労を軽減し、姿勢の維持や血行の改善につながります。

これらの方法を実践することで、スマホを見るときの姿勢を改善し、スマホ首を予防することができます。正しい見方や考え方を持ち、意識的に姿勢を整えることが重要です。日常生活でのスマホの使用が多い人は特に、姿勢の改善を意識して取り組んでみましょう。

スマホ首対策: ストレッチ

ストレッチもスマホ首予防に有効です。短時間でできるストレッチ方法をご紹介します。

首のストレッチ

首のストレッチは、スマホ首予防において有効な方法の1つです。以下に、簡単で効果的な首のストレッチ方法をご紹介します。

まずは、首の前後に動かすストレッチです。まっすぐに立ち、片手の指を使って首の後ろを軽く押し、首をゆっくりと前に倒していきます。このとき、頭を下げずにしっかりと背筋を伸ばすようにしてください。最大限のストレッチが感じられるまで数秒キープし、ゆっくりと元の位置に戻します。これを何度か繰り返し行うことで、首の後ろの筋肉をストレッチすることができます。

次に、首の左右に動かすストレッチです。まっすぐに立ち、右手を頭の上に持ち上げて左耳に触れるように傾けます。このとき、左手で右耳を軽く引っ張り、首の右側を伸ばすようにします。数秒キープした後、ゆっくりと元の位置に戻します。同様に、左側にも行いましょう。左右のバランスを取りながら行うことで、首の両側の筋肉をストレッチすることができます。

さらに、首の回し方によるストレッチも効果的です。まっすぐに立ち、ゆっくりと首を右方向に回します。ただし、回しすぎずに快適な範囲で行いましょう。数回回したら、反対方向にも同様に行います。首を回すことで、首の周りの筋肉を緩めることができます。

これらの首のストレッチ方法は、日常のいろいろな場所で実践することができます。自宅やオフィスで行うだけでなく、通勤中や外出先でも簡単に取り組むことができます。一日に何度かこれらのストレッチを行うことで、首の筋肉の緊張を和らげ、スマホ首の予防に役立つでしょう。ただし、無理なく行うことや無理なストレッチを避けることも大切です。自分の体の状態や感じ方に合わせて、効果的な首のストレッチを取り入れてください。

肩のストレッチ

肩のストレッチもスマホ首予防において効果的な方法の1つです。以下に、簡単で効果的な肩のストレッチ方法をご紹介します。

まずは、肩の前後に動かすストレッチです。まっすぐに立ち、両手を胸の前で組みます。肘を引きながら、胸を広げるように背中を伸ばし、肩を後ろに引いていきます。このとき、腕や背中の筋肉を意識しながらゆっくりと行います。最大限のストレッチが感じられるまで数秒キープし、ゆっくりと元の位置に戻します。

次に、肩の上下に動かすストレッチです。まっすぐに立ち、片手を頭の上に持ち上げます。その手を使って、肩をゆっくりと下に引っ張っていきます。逆側の手で引っ張りながら、肩の上部を伸ばすようにします。数秒キープした後、ゆっくりと元の位置に戻します。同様に、もう一方の肩も行いましょう。両方の肩の筋肉を均等にストレッチすることが大切です。

さらに、肩を回すストレッチも有効です。まっすぐに立ち、ゆっくりと右肩を前に回していきます。個々の感じ方に合わせて回す範囲を調整しましょう。数回回したら、逆方向にも同様に行います。肩の周りの筋肉を緩めるために、肩の回し方にも意識を向けて行ってください。

これらの肩のストレッチ方法は、日常のいろいろな場所で実践することができます。その都度、軽く伸ばしやストレッチを行うだけでも、肩の筋肉の緊張を和らげることができます。肩のストレッチを定期的に行うことで、血行が改善され、肩のコリや痛みの緩和にもつながるでしょう。ただし、無理なく行うことや無理なストレッチを避けることも大切です。自分の体の状態や感じ方に合わせて、効果的な肩のストレッチを取り入れてください。

スマホの使い方を見直す

スマホの使い方を見直すことも予防に繋がります。スマートな使い方を評します。

持ち方の工夫

スマホを持つときの工夫は、スマホ首予防において重要なポイントです。以下に、正しい持ち方や工夫の方法について詳しく説明します。

まずは、片手でスマホを持つ場合の工夫です。スマホを持つ手のひらにスマホを収め、親指と小指でしっかりと支えるようにします。このとき、手のひらや指に力を入れすぎず、ゆるめのグリップを心がけましょう。指先に力を入れ過ぎると手や指の疲労が溜まり、負担を感じやすくなります。

次に、両手でスマホを持つ場合の工夫です。スマホを持つ手のひらに平らに収め、親指と指を均等に分散させて支えます。これによって、両手での負担を均等に分担し、片手で持つよりも安定感を得ることができます。

さらに、スマホの支え方にも工夫があります。両手で持つ場合には、指を裏側に回してスマホを支えることで、親指や手首に掛かる負担を軽減することができます。また、胸や腰の高さにスマホを持ってくることで、首への負担を軽減することができます。

また、長時間スマホを持つ場合には、スマホの重さにも注意が必要です。スマホ本体やケースの重さに加え、持ち方や支え方によっても負担が変わってきます。軽量なケースやスマホスタンドを使うことで、疲労を軽減することができます。

これらの持ち方の工夫を実践することで、スマホ首による負担を軽減することができます。正しい姿勢を意識しながら、スマホを持つ際には工夫を取り入れてください。自分に合った持ち方を見つけることで、快適なスマホ利用とスマホ首予防を両立させることができます。

使う時間と場所の工夫

スマホの使う時間と場所の工夫も、スマホ首予防において重要な要素です。以下に、使う時間と場所の工夫について詳しく説明します。

まずは、使う時間の工夫です。スマホを長時間連続で使用することは、首や肩への負担が増える要因となります。このため、一日の中でスマホを使う時間を適度に分散させることが大切です。長時間集中して使う場合には、30分ごとに数分の休憩を取るようにしましょう。休憩を挟むことで、首や肩の筋肉の疲労を軽減し、血行を促すことができます。

次に、場所の工夫です。スマホを使う場所にも注意が必要です。首や肩の疲れを軽減するためには、できるだけ姿勢が楽な場所を選ぶことが重要です。座る場合には、背もたれのあるイスやクッションを使って背中をサポートし、姿勢を保ちやすくしましょう。また、立ちながら使う場合には、足を広げて安定感を持たせることもポイントです。

さらに、スマホの利用状況に合わせて場所を変えることも有効です。長時間の閲覧やタイピングを行う場合には、デスクやテーブルの近くに移動して、スマホをより快適に使うことができます。また、通話やメッセージのやり取りをする場合には、静かな場所やイヤホンを使って周囲の騒音を避けることができます。

これらの時間と場所の工夫を実践することで、スマホ首による負担を軽減することができます。使う時間を適度に分散させたり、快適な場所でスマホを利用することで、姿勢や身体の負担を軽減することができます。日常生活でのスマホの使用が多い人は特に、時間と場所に注意を払いながらスマホを利用しましょう。

セルフチェックの重要性

日々のセルフチェックがスマホ首予防には欠かせません。その方法について解説します。

症状のチェック

症状のチェックは、スマホ首予防において重要な手法の1つです。以下に、自分自身で症状をチェックする方法について詳しく説明します。

まずは、頭痛や肩こり、首の痛みなどの具体的な症状をチェックしましょう。普段から頭痛や肩こりを感じたり、首が痛くなったりすることはありませんか?また、スマホを使った後や長時間のスマホ利用後に特に症状が現れることはありませんか?これらの症状がある場合、スマホ首の可能性が考えられます。

次に、症状が出る理由を探りましょう。スマホの使用中にどのような姿勢を取っているか、首や肩がどのような負担をかけられているかを考えてみましょう。スマホを見るときに前かがみになったり、首を傾けたりしていませんか?また、スマホを持ち上げたり支えるために力を入れすぎていませんか?これらの行動がスマホ首を引き起こす原因となります。

さらに、症状が日常生活にどのような影響を与えているかを確認しましょう。症状が慢性化している場合、日常生活に支障をきたすことがあります。例えば、頭痛によって集中力が低下したり、肩こりによって作業効率が落ちたりすることがあります。症状が日常生活に影響を及ぼすようであれば、早めの対策やケアが必要です。

これらの症状のチェックを通じて、自分自身の状態を把握しましょう。症状がスマホ首に関連しているようであれば、適切な対策や予防策を取ることが重要です。自分の姿勢やスマホの使い方に注意を払い、症状を軽減するために取り組んでみましょう。

姿勢のチェック

姿勢のチェックもスマホ首予防において重要なポイントです。以下に、自分自身の姿勢をチェックする方法について詳しく説明します。

まずは、鏡や写真を使って自分の姿勢をチェックしましょう。まっすぐな水平線をイメージし、立っている姿勢を見てください。頭がまっすぐに位置しているか、首や背骨のラインがまっすぐに伸びているかを確認しましょう。肩がリラックスし、胸を開き、背中がまっすぐに保たれているかも重要なポイントです。

次に、普段のスマホ使用時の姿勢をチェックしましょう。スマホを使うときにどのような姿勢を取っているかを注意深く観察してください。前かがみになっていたり、首を傾けていたりしませんか?スマホ利用中の姿勢が正常な姿勢から大きく逸脱している場合は、スマホ首が起こりやすい可能性があります。

さらに、姿勢の感覚を確認しましょう。まっすぐな姿勢で立っているときに自分がどのように感じるかを意識してみてください。背中がまっすぐでバランスが取れている感じがしますか?それと比較して、スマホを使っているときの姿勢での感覚を考えてみましょう。もしスマホ利用時に負担を感じるようであれば、姿勢に問題がある可能性があります。

これらの姿勢のチェックを通じて、自分の姿勢がスマホ首に影響を与えているかを把握しましょう。問題のある姿勢を特定したら、正しい姿勢に戻るように意識して取り組んでください。姿勢を改善することで、スマホ首の予防に繋がり、健康な生活を送ることができます。

予防法を日常に取り入れる

スマホ首予防法を日常生活に取り入れる方法について考えます。

生活ルーチンへの取り込み

スマホ首予防のためには、予防法を日常生活の一部に取り込むことが重要です。以下に、生活ルーチンへの取り込み方について詳しく解説します。

まずは、定期的な休憩を取ることです。スマホを長時間連続で使用することは、首や肩に負担をかけます。そのため、日中の適度な時間にスマホの使用を中断し、少しの間立ち上がるかストレッチを行いましょう。5分程度の休憩で十分ですが、習慣化することが大切です。

次に、日常の動きにストレッチや運動を取り入れることです。例えば、起床時や就寝前に首や肩のストレッチを行うだけでも効果的です。また、座っている時間が多い場合には、デスクワーク中に定期的なストレッチや軽い運動を取り入れることもおすすめです。これによって、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。

さらに、スマホ利用に合わせて姿勢を意識しましょう。例えば、スマホを使う際には背もたれのある椅子を使ったり、クッションを活用して背中をサポートしたりすることで、姿勢を保ちやすくなります。スマホを使う時間が長い場合には、スマホスタンドやデスクスタンドを利用して画面の高さを調整することも有効です。

これらの予防法を日常生活に取り入れることで、スマホ首予防を効果的に行うことができます。定期的な休憩やストレッチ、姿勢の改善を習慣化しましょう。自分の生活に合った方法を見つけ、意識的に取り組むことで、スマホ首のリスクを軽減し、快適で健康的な日常生活を送ることができます。

仕事中の工夫

仕事中にもスマホ首予防の工夫を取り入れることは重要です。以下に、仕事中の工夫について詳しく解説します。

まずは、デスクワーク中に正しい姿勢を保つことです。デスクで作業する際には、背もたれのある椅子を使い、背中をしっかりとサポートするようにしましょう。また、デスクの高さや椅子の高さを調整し、キーボードやモニターが腕や目線に合うようにします。これによって、姿勢を保ちやすくし、スマホ首への負担を軽減することができます。

次に、仕事中に定期的な休憩を取ることが重要です。デスクワークは長時間同じ姿勢を続けることが多いため、肩や首の筋肉に負担がかかります。1時間に数回、数分だけ立ち上がってストレッチや歩き回ることで、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。また、短い休憩中に深呼吸やリラックス法を取り入れることもおすすめです。

さらに、仕事中のスマホ利用にも工夫をしましょう。例えば、長時間のスマホ利用が必要な場合には、スマホスタンドを使用して画面の高さを調整することが効果的です。また、通話をする際にはイヤホンやヘッドセットを使用し、首に負担をかけないようにしましょう。スマホを使う際にも姿勢を保ち、肩や首への負担を軽減することが大切です。

これらの仕事中の工夫を実践することで、スマホ首予防を効果的に行うことができます。仕事中に正しい姿勢を保ち、定期的な休憩やストレッチを取り入れることで、効率的に仕事をこなしながらもスマホ首のリスクを軽減できます。自分自身の健康と仕事の兼ね合いを考え、工夫を凝らして実践してみましょう。

まとめ

最後に、本記事の内容を簡単にまとめます。

スマホ首予防の重要性

スマホ首予防は、現代の生活において非常に重要なテーマです。スマホを頻繁に使うことが一般化した現代社会では、スマホ首による問題も増えています。ここでは、スマホ首予防の重要性について詳しく解説します。

まず、スマホ首予防の重要性は、健康への影響にあります。スマホ首によって頭痛や肩こり、首の痛みなどの症状が引き起こされ、日常生活に支障をきたすことがあります。長期間にわたってスマホ首が続くと、筋肉や関節への負担が増え、慢性的な問題や痛みが発生する可能性もあります。スマホ首の予防に取り組むことで、健康的な生活を維持し、身体の不調を防ぐことができます。

さらに、スマホ首予防は生活の質を向上させることにもつながります。スマホを快適に使うためには、正しい姿勢や持ち方、適度な休憩が必要です。これらの予防法を実践することで、スマホ利用中の快適さや集中力を高めることができます。また、スマホ首による不調がなくなることで、日常生活におけるストレスや不快感も軽減されます。

さらに、スマホ首予防は予防が難しい症状や悪化しやすい状態を未然に防ぐ意味でも重要です。スマホ首の症状が進行すると、短期的には生活の質が低下し、長期的には様々な健康上の問題が生じる可能性があります。しかし、早期にスマホ首予防に取り組むことで、これらの悪化を防ぐことができます。

スマホ首予防の重要性を理解し、日常生活に取り入れることは、身体の健康と快適な生活のために必要です。スマホの使い方や姿勢に意識を向け、予防法を実践することで、スマホ首からの解放を実現しましょう。

予防法のポイント

スマホ首の予防には、以下のポイントが重要です。

まず、正しい姿勢を保つことが大切です。頭と首の位置を正しく保ち、背中をまっすぐに伸ばすように意識しましょう。また、スマホを見るときには目線を下に向け、首を前に傾けることを避けるようにしましょう。

次に、適度な休憩やストレッチを取り入れることが重要です。長時間のスマホ利用の際には、定期的に休憩を挟むことや、首や肩のストレッチを行うことで、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することができます。

また、スマホの持ち方や支え方にも注意が必要です。スマホを持つときには、指や手首への負担が少ないように注意しましょう。また、スマホを支える際には、クッションやスタンドを活用して姿勢を安定させることが重要です。

さらに、スマホの使用時間や頻度を適切に管理することもポイントです。一日に長時間連続でスマホを使用すると、首や肩への負担が増えるため、適度な休息を取りながら使用するように心がけましょう。

これらの予防法を実践することで、スマホ首のリスクを軽減し、健康的な生活を送ることができます。スマホの利用が増える現代社会において、予防法のポイントを押さえることは非常に重要です。自分自身の体の状態や使い方に合わせて、予防法を取り入れてみましょう。

接骨/SEKKOTSU 円山
ロゴ
柔道整復師による専門的なアプローチを行う整骨院を札幌で営業しております。問診、検査をしっかりと行いお悩みを明確化し、継続的な施術で身体をケアいたします。身体について遠慮なくご相談ください。
接骨/SEKKOTSU 円山

〒064-0820

北海道札幌市中央区大通西24-2-3

プレミエール円山104

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG