ジャンパー膝とは? – 症状、原因、治療法まで詳しく解説

query_builder 2024/04/20 札幌 整骨院 円山公園
この記事では、アスリートによく見られる膝の病状「ジャンパー膝」について詳しく解説します。症状から原因、さらには予防法や治療法についても詳細に説明します。
接骨/SEKKOTSU 円山
ロゴ
柔道整復師による専門的なアプローチを行う整骨院を札幌で営業しております。問診、検査をしっかりと行いお悩みを明確化し、継続的な施術で身体をケアいたします。身体について遠慮なくご相談ください。
接骨/SEKKOTSU 円山
住所:

〒064-0820

北海道札幌市中央区大通西24-2-3

プレミエール円山104

電話番号:
011-215-9444

ジャンパー膝とは?

まず初めに、ジャンパー膝とは一体何なのか、その基本的な知識について説明します。

ジャンパー膝の定義

ジャンパー膝の定義について説明します。

ジャンパー膝とは、主にスポーツをする人やアスリートの間で見られる膝の病状です。正式な医学用語では「腸脛靭帯炎」とも呼ばれ、腸脛靭帯という脛骨(下腿骨)と大腿骨をつなぐ靭帯が炎症を起こす状態を指します。

ジャンパー膝という名前の由来は、この病状がジャンプや着地のような脚への負荷が多い動作によって引き起こされることによるものです。特にバスケットボールやバレーボール、陸上競技のジャンプ系種目など、膝に大きな衝撃を与える運動をしている人によく見られます。

ジャンパー膝は痛みを伴う症状が主な特徴であり、膝の前部や内側、または腸脛靭帯の周囲に痛みが生じます。痛みは運動時や長時間の立ち仕事の後に増強することがあり、休息を取っている間は軽減することがあります。ただし、痛みがひどくなると日常生活にも支障をきたすことがあり、早期の対処が必要です。

ジャンパー膝は無理な運動や過度な負荷によって引き起こされることが多いため、適切な予防と治療が重要です。次に、ジャンパー膝の症状や原因、治療法について詳しく解説していきます。

ジャンパー膝の疾患

ジャンパー膝の疾患について詳しく解説します。

ジャンパー膝は、腸脛靭帯の炎症や過度な負荷によって引き起こされる膝の病状ですが、その具体的な疾患にはいくつかの要素があります。

まず一つ目は、腸脛靭帯の亜急性または慢性的な炎症です。長時間の運動や頻繁なジャンプのような反復的な動作によって、腸脛靭帯が繰り返し負荷を受けることで炎症が生じます。この炎症によって、腸脛靭帯の周囲の組織や血管が刺激され、痛みや腫れが生じることがあります。

二つ目は、腸脛靭帯の組織の変性です。ジャンパー膝が長引くと、腸脛靭帯の組織が損傷し、異常な線維組織が形成されることがあります。この組織の変性によって、靭帯の柔軟性や弾力性が低下し、痛みや不快感が引き起こされることがあります。

三つ目は、周囲の筋肉のバランスの崩れです。ジャンパー膝が続くと、腸脛靭帯を支える周囲の筋肉のバランスが崩れることがあります。特に、大腿四頭筋やハムストリングス、ふくらはぎの筋肉などが適切に働かず、腸脛靭帯に負荷がかかります。これによって炎症が悪化し、痛みや違和感が増してしまうことがあります。

以上のように、ジャンパー膝の疾患は腸脛靭帯を中心に様々な要素が関与しています。症状や疾患の理解は、予防や適切な治療法の選択に不可欠です。次に、ジャンパー膝の症状について詳しく説明していきます。

ジャンパー膝の症状

次に、ジャンパー膝と診断される際に見られる典型的な症状について説明します。

症状の初期

症状の初期に現れるジャンパー膝の特徴について説明します。

ジャンパー膝の初期症状は、膝に負荷がかかった際に痛みや不快感を感じることが一般的です。具体的には、運動時やジャンプ動作の際に膝の前部や内側に鋭い痛みが走ることがあります。また、長時間の立ち仕事や階段の昇降などで痛みや違和感が生じることもあります。

この痛みは最初は軽度である場合が多く、一時的に休息を取ることで症状が軽減することもあります。しかし、無理な運動や負荷が続くと痛みが増し、悪化してしまうことがあります。そのため、ジャンパー膝の初期症状に気付いたら、早めに適切な対処を行うことが重要です。

初期の段階では炎症が主な原因となっているため、痛みや腫れ、局所的な熱感といった症状が現れることもあります。さらに、腸脛靭帯の周囲の違和感や軽度のしびれ感を感じることもあります。

注意すべきは、初期の症状が放置されると、炎症が慢性化し腸脛靭帯に組織の変性が起こる可能性があることです。そのため、症状の初期段階での適切な対処が重要です。

症状の初期では、状況に応じた休息や氷の塗布、適切なストレッチや筋力トレーニングなどの保存的治療が効果的です。しかし、症状が悪化する場合や日常生活に支障をきたすような場合は、専門の医師の診察を受け、適切な治療方法を選択する必要があります。

次に、ジャンパー膝の症状の進行について詳しく説明していきます。

症状の進行

症状の進行に伴って現れるジャンパー膝の特徴について説明します。

ジャンパー膝の症状は、初期段階から進行するとより顕著になることがあります。症状の進行によって、痛みや不快感が悪化し、日常生活にも支障をきたすことがあります。

まず、痛みの強度が増すことが挙げられます。初期段階では軽度の痛みであったり、負荷を受けた際に一時的に痛みが現れる程度でしたが、進行すると痛みが慢性化し、より強くなります。特に、長時間の運動や負荷がかかる動作によって痛みが増強することがあります。

また、痛みの場所や範囲も変化することがあります。初期段階では膝の前部や内側に痛みが生じることが多いですが、進行すると腸脛靭帯周辺の広範囲に痛みが広がることがあります。さらに、炎症が慢性化した場合は、膝の前方だけでなく、膝の側面や後ろ側にも痛みを感じることがあります。

症状の進行によって、日常生活にも影響が出ることがあります。長時間の立ち仕事や階段の昇降、走るなどの動作で痛みが増し、身体的な負担が増したり、運動の制限が必要になることがあります。これによって趣味やスポーツなどの活動が制約され、生活の質が低下することがあります。

ジャンパー膝の症状の進行を適切に把握し、早期の対処や適切な治療を行うことが重要です。保存的治療(休息や氷の塗布、ストレッチ、筋力トレーニングなど)が効果的な場合もありますが、症状が進行している場合や日常生活に支障をきたすような場合は、専門の医師の診察を受けるべきです。

次に、ジャンパー膝の原因について詳しく解説します。

ジャンパー膝の原因

膝の症状がどのような原因から生じるのか、可能性のある要素を詳しく解説します。

原因の一つ:運動量

ジャンパー膝の原因の一つとして、運動量が関与していることが挙げられます。

運動による繰り返しの負荷や過度の運動量は、ジャンパー膝を引き起こす要因となることがあります。特に、ジャンプや着地のような脚に負荷のかかる動作を頻繁に行うスポーツや競技をしている人に見られることが多いです。

脚に負荷のかかる運動を続けると、腸脛靭帯が過度なストレスを受け、その結果炎症が生じることがあります。この炎症は、腸脛靭帯周辺の組織や血管に刺激を与え、痛みや腫れを引き起こすことがあります。また、繰り返しの負荷によって靭帯の柔軟性や弾力性が低下し、さらなる症状を引き起こす可能性もあります。

また、運動量だけでなく、運動のフォームやテクニックの問題もジャンパー膝の原因となることがあります。正しいフォームを守らずに運動を行ったり、筋力のバランスが崩れている状態で負荷をかけると、腸脛靭帯への負担が増え、症状が悪化することがあります。

運動量を考慮し、負荷を適切に管理することは、ジャンパー膝の予防や管理において重要です。運動をする際は、十分なウォーミングアップやストレッチを行い、正しいフォームで動作を行うことが大切です。また、負荷をかけすぎずに適度な休息も取るようにしましょう。

次に、ジャンパー膝の原因の一つである全体的な体力について詳しく解説します。

原因の一つ:全体的な体力

ジャンパー膝の原因の一つは、全体的な体力の問題です。

体力の低下や筋力の不均衡は、ジャンパー膝を引き起こす可能性があります。適切な筋力や柔軟性がないと、腸脛靭帯にかかる負荷が増え、炎症や痛みが生じることがあります。

例えば、大腿四頭筋やハムストリングス、ふくらはぎの筋肉など、脚の周囲の筋肉が十分に発達していない場合、腸脛靭帯にかかる負荷をうまく分散することができません。その結果、腸脛靭帯に異常な負荷がかかり、炎症が生じる可能性が高まります。

さらに、全身の筋力やコアの安定性の問題も影響を与えることがあります。全身の筋力が不足している場合、脚だけが過剰な負荷を受けることになります。また、コア(体幹)の筋肉が弱い場合にも、身体のバランスが乱れ、腸脛靭帯への負担が増える可能性があります。

全体的な体力の問題は、運動によって改善することができます。定期的なエクササイズや筋力トレーニングを行うことで、筋肉のバランスを整え、体力を向上させることができます。特に、腿やふくらはぎの筋力を鍛えることに注力すると、腸脛靭帯への負荷を軽減し、ジャンパー膝のリスクを低減する助けになります。

また、適度なストレッチも重要です。筋肉の柔軟性を高めることで、関節の可動域が広がり、負荷をかける際の負担を軽減することができます。

全体的な体力の向上に加えて、適切な運動量やフォームの管理も必要です。身体の負荷を適度にコントロールし、急激な運動量増加を避けることで、ジャンパー膝のリスクを減少させることができます。

次に、ジャンパー膝の診断方法について詳しく解説します。

ジャンパー膝の診断方法

ジャンパー膝の正確な診断方法とその流れを説明します。

診断方法①:問診

ジャンパー膝の診断方法の一つは、問診です。

問診は、医師が患者と対話しながら症状や経過を詳しく確認する方法です。ジャンパー膝の場合、医師は患者に以下のような質問をすることがあります。

まず、痛みや不快感の具体的な場所や範囲について尋ねます。膝の前部や内側に痛みがあるのか、または他の部位にも痛みを感じるのかを詳しく確認します。また、痛みがどのような状況で増強するのか、休息を取ると軽減するのかも確認します。

次に、症状が初めて現れた時期や痛みの強さ、その後の経過について質問されることがあります。ジャンパー膝の初期段階から現在までの痛みや不快感の変化や悪化の有無について詳しく伝えることが重要です。

さらに、運動の履歴や身体活動についても問われることがあります。どのようなスポーツや運動をしているのか、特にジャンプや着地のような負荷の高い動作をしているのかを医師に情報提供することが必要です。

また、他の関節の痛みや症状があるかどうかも問診の対象です。関連した症状や過去のケガについても詳しく聞かれることがあります。

問診では、医師が患者の症状や経過を把握し、可能性のある病因を特定するための重要な手段です。ただし、診断が確定するわけではないため、他の検査や評価方法が必要になる場合もあります。

次に、ジャンパー膝の診断方法の一つである検査について詳しく解説していきます。

診断方法②:検査

ジャンパー膝の診断方法の一つは、検査です。

検査は、問診を補完し、正確な診断のために行われるものです。以下に、ジャンパー膝の診断における一般的な検査について説明します。

まず、身体的な検査が行われます。医師は膝や周囲の組織の触診を行い、炎症や腫れ、特異的な圧痛を確認します。また、脚の動きや可動域を評価し、関連する筋力やバランスの問題を特定することもあります。

さらに、画像検査が行われることがあります。一般的な画像検査としては、レントゲンや超音波検査があります。レントゲンは骨や関節の異常を確認するために使用され、腸脛靭帯の骨端病変や骨棘の有無を評価することができます。超音波検査では、腸脛靭帯や周囲の組織の状態を観察し、炎症や腫れを確認することができます。

さらに、MRI(磁気共鳴画像検査)やCTスキャンなどの詳細な画像検査が必要な場合もあります。これらの検査によって、腸脛靭帯や周囲の組織の状態、変性の程度などを評価することができます。

また、必要に応じて血液検査などの追加的な検査も行われることがあります。これにより、他の炎症性疾患や関節病の可能性を排除するための情報を得ることができます。

検査結果は、問診や身体的な評価と組み合わせて総合的に判断され、ジャンパー膝の診断や治療の進め方が決定されます。

診断方法の一環としての検査は、正確な診断をするために欠かせないものです。ただし、必要な検査は症状や状況に応じて個別に決定されるため、医師の指示に従うことが重要です。

次に、ジャンパー膝の治療方法の一つである保存的治療について詳しく解説していきます。

ジャンパー膝の治療方法

ジャンパー膝の主な治療法とその進め方を説明します。

治療方法①:保存的治療

ジャンパー膝の治療方法の一つは、保存的治療です。

保存的治療は、手術を伴わずに症状を改善するための非侵襲的なアプローチです。以下に、ジャンパー膝の保存的治療の一般的な方法について説明します。

まず、休息や活動制限が重要な役割を果たします。過度な負荷や反復動作を避け、膝へのストレスを軽減するために休息をとることが必要です。適切な休息によって、炎症が抑えられ、症状の改善につながることがあります。

また、氷の塗布や冷却療法も有効です。炎症を抑え、腫れを軽減する効果があります。氷や冷却パックを患部に数十分間適用することで、痛みや腫れを軽減することができます。ただし、直接の肌への接触を避け、適切な方法で行うことが重要です。

さらに、ストレッチや筋力トレーニングが重要な役割を果たします。特に、脚の周囲の筋肉のバランスを整えることが重要です。適切なストレッチと筋力トレーニングを行うことで、腿やふくらはぎの筋肉を強化し、膝への負荷を適切に分散することができます。

応用的な療法としては、テーピングやサポーターの使用があります。テーピングは、腸脛靭帯をサポートし、安定性を向上させることで症状の緩和に寄与します。また、サポーターやブレースの使用も同様の効果があります。

保存的治療の効果は個人によって異なります。症状が改善しない場合や日常生活に支障をきたすような場合は、医師の指示に従い、より具体的な治療法を選択する必要があります。

次に、ジャンパー膝の治療方法の一つである手術について詳しく解説していきます。

治療方法②:手術

ジャンパー膝の治療方法の一つは、手術です。

手術は、保存的治療が効果的でない場合や症状が重篤な場合に検討されることがあります。以下に、ジャンパー膝の手術治療の一般的な方法について説明します。

手術の主な目的は、腸脛靭帯の炎症や組織の異常を修復することです。具体的には、以下のような手術が行われることがあります。

まず、腸脛靭帯の組織を取り除く手術があります。これは、組織の変性や損傷が進行し、痛みや不快感を引き起こす場合に行われることがあります。手術によって異常な組織が取り除かれ、正常な組織の再生や修復を促すことが目的です。

また、腸脛靭帯の再建手術も行われることがあります。これは、靭帯の断裂や破損がある場合に行われます。自己組織や他の組織を使用して、断裂した腸脛靭帯を再構築することがあります。

手術治療の適応や方法は、個人の状態や症状の重篤さに基づいて決定されます。手術後には、リハビリテーションやフォローアップケアが重要です。これによって正常な機能の回復や再発予防が促進されます。

手術治療は効果的である場合もありますが、一部の患者にとってはリスクや合併症も伴う可能性があります。手術の選択には医師との十分な相談が必要です。

なお、保存的治療や手術は、個々の症例によって異なる結果をもたらす場合があります。医師の指示に従い、最適な治療方法を選択することが重要です。

次に、ジャンパー膝の予防策について詳しく解説していきます。

ジャンパー膝の予防策

ジャンパー膝を予防するために実践できる方法を提供します。

予防策①:適切なスポーツウェア

ジャンパー膝を予防するための一つの方法は、適切なスポーツウェアの選択です。

適切なスポーツウェアを使用することで、サポートや保護を提供し、状況に応じた対策を講じることができます。以下に、ジャンパー膝を予防するための適切なスポーツウェアの選び方について説明します。

まず、靴の選択が重要です。適切なクッション性と安定性を備えたスポーツシューズを使用することで、脚にかかる負荷を適切に分散し、ジャンパー膝のリスクを軽減することができます。また、インソールの使用も検討することができます。インソールは、足のアーチやバランスをサポートし、靭帯への負荷を軽減する役割を果たします。

さらに、適切なサポーターやニーパッドの使用も検討しましょう。これらのアイテムは、腸脛靭帯や膝に安定性や保護を提供することができます。特に、ジャンプや着地のような負荷の高い動作をする際には、サポーターやニーパッドを使用することで関節へのストレスを軽減することができます。

また、適切な服装も重要です。適度な圧力をかけるコンプレッションウェアを使用することで、筋肉の安定性や血行を向上させることができます。これによって炎症の抑制や疲労の軽減につながることがあります。

適切なスポーツウェアを選ぶ際には、自分の体格や運動スタイルに合ったものを選ぶことが重要です。適切なサイズやフィット感に加えて、機能性や材質にも注意を払いましょう。

ただし、スポーツウェアだけでなく、適切なウォーミングアップやストレッチ、筋力トレーニングなども組み合わせて行うことが重要です。総合的なアプローチを取ることで、ジャンパー膝の予防効果を最大化することができます。

次に、ジャンパー膝を予防するためのもう一つの方法であるストレッチについて詳しく解説していきます。

予防策②:ストレッチ

ジャンパー膝を予防するためのもう一つの方法は、適切なストレッチの実施です。

ストレッチは、筋肉を柔軟にし、関節の可動域を拡大させるための重要な要素です。以下に、ジャンパー膝を予防するためのストレッチについて説明します。

まず、脚の前面のストレッチが重要です。大腿四頭筋や脛骨筋群のストレッチは、膝関節の安定性を高めるために効果的です。例えば、前屈姿勢で脚を伸ばし、つま先を押し出すように踵を地面に押し付けるストレッチや、壁に手をつきながら一脚で膝を曲げるストレッチなどがあります。

次に、脚の後ろ側のストレッチも重要です。ハムストリングスやふくらはぎの筋肉の柔軟性を高めることで、腿への負荷を適切に分散させることができます。ストレッチの例としては、ハムストリングスのストレッチ(前屈姿勢で手を床につけて体を前に倒す)、ふくらはぎのストレッチ(壁などに手をつきながら一脚でかかとを地面に沈める)などがあります。

また、太ももの内外の筋肉やお尻の筋群のストレッチも効果的です。これらの筋肉の柔軟性を高めることで、身体のバランスを改善し膝への負荷を軽減することができます。

ストレッチは、適度な強度で行いながら、正しいフォームで行うことが重要です。無理に強く引っ張ることや、バウンシング運動などの激しい動きは避けましょう。また、適度なウォーミングアップを行った後にストレッチを行うことで、筋肉の柔軟性を高める効果が期待できます。

定期的なストレッチの実施はジャンパー膝の予防に役立ちますが、無理な負荷や痛みを伴うストレッチは避けるようにしましょう。個人の柔軟性や体格に合わせた適切なプログラムを作り、継続的に取り入れることが大切です。

ジャンパー膝を予防するためには、スポーツウェアの選択とストレッチの実施を組み合わせることが効果的です。次に、ジャンパー膝からの復帰方法について詳しく解説していきます。

ジャンパー膝からの復帰

ジャンパー膝から復帰するために必要な事を説明します。

復帰方法:リハビリ

ジャンパー膝からの復帰方法の一つは、リハビリテーション(リハビリ)です。

リハビリは、症状の改善や機能の回復を目指すために行われるプログラムです。ジャンパー膝のケースでは、膝の安定性や筋力の強化、柔軟性の向上などを重点的にトレーニングします。

まず、リハビリの初めには痛みや腫れの緩和を目指すための処置が行われることがあります。氷や冷却パックを使用したり、炎症を抑えるための電気療法やエアロゾル吸入などが行われることがあります。

その後、徐々に運動療法や体操、ストレッチ、筋力トレーニングなどが導入されます。これにより、膝周りの筋力や柔軟性を回復させ、関節の安定性やバランスを改善することが目指されます。

リハビリの具体的なプログラムは、患者の状態や症状の重さに合わせてカスタマイズされます。医師やリハビリテーション専門家が個別の評価を行い、適切な運動やトレーニングを指導します。

リハビリのポイントは、段階的な進行と患者自身の負荷状況の調整です。初めは軽度の運動やストレッチから始め、徐々に負荷を増やしていきます。ただし、無理な負荷や痛みを伴う運動は避けることが重要です。

リハビリの継続的な取り組みは、ジャンパー膝からの復帰において重要です。適切なプログラムを定期的に行うことで、筋力や柔軟性の回復、正しい運動パターンの習得が促進されます。

リハビリの成功には、患者の積極的な参加と忍耐力も欠かせません。指示に従い、効果的なトレーニングやエクササイズを継続することで、ジャンパー膝からの復帰をよりスムーズに進めることができます。

ジャンパー膝からの復帰においては、リハビリテーション専門家との協力が重要です。次に、ジャンパー膝の再発予防に取り組むための方法について詳しく解説します。

復帰方法:再発防止

ジャンパー膝からの復帰後は、再発防止に取り組むことが重要です。以下に、ジャンパー膝の再発防止に役立つ方法について説明します。

まず、適切なトレーニングとストレッチの継続が重要です。リハビリプログラムで学んだ運動やストレッチを継続することで、脚の筋力や柔軟性を維持することができます。特に、関連する筋群や腱を強化するトレーニングが重要です。

また、適度な休息とリカバリーも重要です。過度な運動や負荷を避け、十分な休息をとることで、腸脛靭帯にかかるストレスを軽減することができます。適切な休息とリカバリーを組み込むことで、筋肉や組織の回復を促進し、再発リスクを低減することができます。

さらに、適切なトレーニングや運動のフォームにも注目しましょう。正しい姿勢や運動フォームを保つことで、負荷の偏りや不均衡を防ぐことができます。また、疲労や筋力の低下による姿勢の崩れを防ぐために、適切なコアトレーニングも取り入れることが有益です。

さらに、トレーニングや運動前に十分なウォーミングアップを行うことも重要です。筋肉や関節を十分に準備し、血流を促進することで、怪我のリスクを低減する助けになります。

最後に、身体の兆候を注意深く観察することも再発予防のポイントです。体の痛みや不快感が再発してきた場合は、早めに対処することが重要です。症状が現れた際には、適切な休息や冷却療法、ストレッチを行い、医師に相談することをおすすめします。

再発防止のためには、予防策の実践と定期的なフォローアップが欠かせません。適切なケアと自己管理を継続することで、ジャンパー膝の再発リスクを最小限に抑えることができます。

これで、ジャンパー膝に関する記事の執筆が完了しました。読者の皆さんが役立つ情報を得られることを願っています。

まとめ

ジャンパー膝についての全体的な知識と対策をまとめます。

理解の確認

ジャンパー膝に関する情報を詳しく紹介しました。この段階で、ジャンパー膝の基本的な知識、症状から治療方法、予防策までについてより良い理解ができたかを確認しましょう。

ジャンパー膝は、腸脛靭帯の炎症や過度な負荷によって引き起こされる膝の病状です。初期の症状は軽度な痛みや不快感から始まりますが、その後症状が悪化する可能性があります。

ジャンパー膝の原因には運動量の過剰や全体的な体力の問題があります。適切なスポーツウェアの選択やストレッチの実施が予防策として有効です。

治療法としては、保存的治療や手術があります。保存的治療では、休息や氷の塗布、ストレッチ、筋力トレーニングなどを行います。手術は症状の重篤な場合や保存的治療の効果がない場合に選択されます。

復帰方法としては、リハビリテーションが重要です。適切なプログラムを追い、筋力や柔軟性の回復を目指します。また、再発防止のためには適切なトレーニングやストレッチの継続、身体の兆候の観察が必要です。

ジャンパー膝について以上の内容を理解しましたか?もしまだ疑問や不明点があれば、専門の医師に相談することをおすすめします。次に取るべきステップについては、個々の状況により異なりますので、医師のアドバイスに従ってください。

次のステップ

ジャンパー膝に関わる可能性がある方々へ、次に取るべきステップについてのアドバイスを提供します。

まず、症状がある場合は早めに医師の診察を受けることをおすすめします。医師が正確な診断を行い、適切な治療や管理計画を立てることが重要です。

また、予防策にも注力しましょう。正しいスポーツウェアの選択や適切なストレッチ、トレーニングはジャンパー膝のリスクを軽減する助けとなります。

さらに、復帰後のリハビリテーションプログラムの継続や予防策の継続が重要です。正しいフォームや適切な負荷管理、十分な休息を取りながら、身体の変化や症状の変化に敏感になるよう心がけましょう。

最後に、自己管理が鍵となります。症状やリスクに敏感であり、適切な対策を講じる意識を持つことが重要です。定期的な診察やスポーツ活動の監修を受けながら、健康な状態を維持することを目指しましょう。

ジャンパー膝に関する知識や情報を活用しながら、個々の状況に応じた適切なケアを行うことで、ジャンパー膝による不快な症状を軽減し、健康なスポーツや日常生活を送ることができるでしょう。お体の健康に留意し、安全で快適な活動を楽しんでください。

接骨/SEKKOTSU 円山
ロゴ
柔道整復師による専門的なアプローチを行う整骨院を札幌で営業しております。問診、検査をしっかりと行いお悩みを明確化し、継続的な施術で身体をケアいたします。身体について遠慮なくご相談ください。
接骨/SEKKOTSU 円山

〒064-0820

北海道札幌市中央区大通西24-2-3

プレミエール円山104

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG