むちうち

長く続く首の痛みに専門的アプローチ

事故後のお悩みでよく聞くのがむちうちです。むちうちはすぐに痛みが出ることは少なく、数日後に痛みが出る場合が数多くあります。首に力が加わるときに、鞭がしなるよう前後に動くことが語源で、むちうちと呼びます。主に、首や肩の凝り、様々な悪影響を身体に及ぼします。むちうちをケアしたいとお考えの方はぜひ当院をご利用ください。解剖学、運動学に基づいた施術を行います。

むちうちについて

むち打ちは交通事故による発症が多いです。むちうちは翌日以降に痛みがでる可能性が高いです。ここではむちうちの原因と症状について解説します。
AdobeStock_217089518

むちうちの原因

首に力が加わるときに、鞭がしなるよう前後に動くことが語源で、むちうちと呼びますが、正式名称は頚椎捻挫や頚部挫傷という名称があります。ただ、むちうちには頚椎捻挫型、バレールー症状型、神経根症状型、脊髄症状型などの種類があります。
交通事故のおけがは、頚椎捻挫型のケースが全体の7割から8割を占めます。これは交通事故の衝撃により首の筋肉や靭帯などが損傷した状態を指す、いわゆる首の捻挫を意味します。
footer_bg

むちうちによって引き起こされる症状

頚椎捻挫型での症状についてですが、首や背中、肩などの痛みが生じるケースが多く、他にも首や肩が動かしにくくなったり、背中や肩などのコリを感じたりするなどが代表的です。バレールー症状型も交通事故で生じるむちうちの一つで、衝撃で自律神経が損傷してバランスが乱れて症状が起こります。
バレールー症状型の主な症状についてですが、耳鳴りやめまい、息苦しさ、頭痛などが代用的です。神経根症状型や脊髄症状型なども交通事故によるむちうちで、神経根症状型では首や顔面の痛み、体のだるさ、腕の痛みおよびしびれ、脊髄症状型では知覚過敏、歩行障害、下肢のしびれ、排泄が困難になるなどの症状が挙げられます。
AdobeStock_252776648

交通事故のおけが・むちうちをお考えなら
当院にお任せください

当院では、解剖学と運動学に基づいた見立てを行い、根本改善を目指して施術を行います。最初に行う問診、視診、触診、動診で探っていき、症状の改善へと導きます。
交通事故に遭われた方、また、あなたの周りで交通事故後の不調にお悩みの方がいらっしゃいましたら当院へご相談ください。
カウンセリング・ヒーリング24

寝違え

寝違えにはいくつか原因があると言われています。
①寝てる時に同じ体勢が続いた事で、筋肉への血流が悪くなる
②筋肉や靭帯に負荷がかかり炎症が起こる
③頚椎の噛み合わせが悪くなり炎症が起こる
など、様々な原因があると言われています。

■症状
朝起きた時に首や肩が痛くて動かない・動かすと痛いといった症状が多く、日常生活に支障をきたす事が多いです。

■対処 無理に動かすと痛みや炎症が強くなるので、なるべく安静にする事をオススメします! 寝違えは「冷やす」より「温める」方が血流が促進され、痛みが緩和しますので対応してみて下さい。 暖めながら「電気療法」を行い「手技療法」で首や肩の筋肉をほぐし、「ハイボルト療法」で痛みのレベルを下げていきます。 施術を受け終わった方からは「痛みが少なくなった」「首の可動域が広がった」といった声を頂いています。
AdobeStock_360645261

頸椎捻挫

頚椎捻挫は交通事故やスポーツ中の激しい動作で、頭部や顔面を強く打ったり、頚椎に強い力が加わる事で区部が大きく振られた際に発症します。 強い力が頸椎に加わる事で首の背骨・関節や靱帯を痛めてしまう事が原因となります。

■症状
受傷後、すぐに症状が現れる事もありますが数時間から数日遅れて症状が出る事もあります。「首の痛み」や「首が動かない」などの症状や、首から肩・背中にかけての痛みやコリ(筋肉の緊張)が主な症状となります。重症の場合は頭痛やめまい、吐き気や手の痺れが現れる事もあります。

■対処 受傷直後は安静にしてもらい、横になって休みましょう。急性期(受傷後72時間)は痛みの出る動きを避け、コルセット(頚椎カラー)で首を固定します。症状が落ち着いたら「電気療法」や「手技療法」で硬くなった筋肉を緩め、「ハイボルト療法」で痛みを緩和していきます。また、背骨のズレや歪みがある場合は「背骨矯正」で整えます。
AdobeStock_269062633

ストレートネック

ストレートネックは長時間のデスクワークやパソコン・スマートフォンを操作中、顔が下を向いた姿勢が長時間続くことが挙げられます。そうすると首や胸など身体の前側にある筋肉が収縮したままになり、頭部の引っ張り続ける為、ストレートネックの状態になってしまいます。

■症状
首の可動域が狭くなることで必要以上に筋肉に負荷がかかり筋肉の緊張が強くなります。首や肩コリが強くなることで痛みを感じることもあり、頭痛やめまい・吐き気といった症状を誘発する事も懸念されます。

■対処
まずは原因となる姿勢の改善を行いましょう。接骨/SEKKOTSU円山で施術を行う場合は、「猫背矯正」でストレッチを行い身体の前後の筋肉バランスを整えます。 併せて「手技療法」「電気療法」で筋肉を緩め、背骨のズレが見られる場合は「背骨矯正」で歪みを整えます。
AdobeStock_132800900

猫背

ストレートネックの原因とも重なりますが、長時間のデスクワークやパソコン・スマートフォンの使い過ぎなどが挙げられます。椅子やソファに座る際、骨盤が後ろに傾いた状態で座ると背骨が後ろに傾いた状態となりバランスを保つ為に背骨が湾曲し猫背姿勢となってしまいます。

■症状
背骨がカーブする事で「腰痛」や「首・肩コリ」などの症状が起こり、様々な症状がその後誘発されていきます。頭痛やめまい・吐き気なども発症し、日常生活に支障をきたす方がとても多いです。

■対処
座り方の改善を行い、骨盤を立てた状態で座れるようになるとかなり改善されます。上半身の筋肉のバランスが悪い場合は「ストレッチ」で筋肉を伸ばすことで「巻き肩」「背骨の湾曲」が解消されていきます。施術で身体のバランスを整えた後は、日常生活でその状態をキープするように意識する事で姿勢が良くなっていきます。